彫金教室 十音ジュエリースクール

はじめの一歩

 

十音ジュエリースクールの基礎課題のはじめには
訓練課題をご用意しております^^

この先、自分自身で描いたイメージを
立体造形であるジュエリーで
次々と形として表現していくのですが

ジュエリーメイキングのはじめの第一歩では
プチパニックになってしまう方が
とても多いのですね

日常生活では登場してこない感覚を使い
はじめての行為の連続・・

インプットする情報が半端なくあって
わけのわからない道具も
いろいろ登場してくるんですね^^

新しくはじめた前途多難そうなクリエイトの旅・・
初心者のみなさまは混乱してしまうようです

ということで、旅をスムーズに
そして楽しく進めて行くにあたっては
ちょっとした工夫が必要になります

新しい世界に踏み込むためのコツ・・

それは、そんなに難しいことではなくて
徐々に新しい世界に馴染む
ということ・・

馴染むための簡単な体力づくり
つまり訓練するということが
旅をスムーズに進めるための
ポイントになってくるんですね

こちらの教室での授業のスタートは
ケガキという作業の訓練からはいるのですが

このケガキという作業・・

物作りのはじめの行程に必ず行う
奥の深い大切な行為なのです^^

ケガキとは、今から作ろうとしている
工作物に目安をひく
つまり目的に至る道であるラインを
描く行為なんですね

なかなか地味な作業なんですが
この目的を定め、ラインに近づく訓練が
今後の制作活動にとても役にたつのですね^^

目的のラインより超えてしまう人
手前で止まってしまう人
右に曲がってしまう人・・

その人特有の癖というものが
ケガキをすると、浮きぼりになるのですね^^

道具を上手く扱えることも大きなポイントなんですが
癖を意識することができれば
ぴったと目的地に着地するんですよ^^

旅が進めば進むほど
より豊かで複雑な造形に出会い
それに伴った、造形力を要求されますが

癖を矯正して
思い通りに描いたラインを自由自在に
ピタッとジャストで作ることができた時には

イメージ通りの
いや想像を超えた造形物が
あなたの目の前に現れますよ^^

創作して良かったと思う瞬間です

みなさんにも是非体験してもらいたいです

織田

2017-03-24 | Posted in Blog, 彫金教室 十音ジュエリースクールComments Closed 

 

新春2017

new_year_2017

 

あけましておめでとうございます

新しい年がスタートしましたね ^^

新しいことがスタートするとは
新しい思いの種を土に蒔くこと
なのでしょうか ・・・

2017年は皆様にとって
どのような花を咲かせて
実らせることができるのでしょうか

穏やかで幸多き一年になりますよう
心よりお祈り申し上げます

織田

2017-01-05 | Posted in Blog, 彫金教室 十音ジュエリースクール, 日々のことComments Closed 

 

New Year 2016

 

2015_BJWS

 
 
新年あけましておめでとうございます
皆様にとって幸多き一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます
 
 真白で真っすぐなあたらしい道のスタートですね ^^
 
今年は新しい感度をいかに磨くかが私のテーマ
 
ふと思ったり気付いたり・・
視界の片隅で、さっと通りすぎていく
あのささやかで緻密ななものたちを
自分自身に浸透させ、染み渡していく・・・
 
新しい感覚の自分で、2016年
世界を感じ、思考し、生きてみたいです ^^
 
 
皆様にとって彩り深い一年となりますように
本年もどうぞよろしくお願い致します
 
織田
2016-01-06 | Posted in 彫金教室 十音ジュエリースクール, 日々のことComments Closed 

 

HPリニューアルしました

  ご閲覧ありがとうございます。 現在ホームページ制作中です。しばらくお待ちください。  

 

教室の風景

JM1

 

十音の教室では、みなさんそれぞれが
自分のペースで作業をしています。

おもしろいもので同じ課題をやっていても
人それぞれ、はまる、こだわる、ポイントが違うようで
自ずと時間配分も様々。

ひとつの工程にじっくり時間をかけて
納得がいくまでやり直す人。

完成までの全体のイメージに向かって
ある程度、妥協するところはしながらどんどん進む人。

その両方を行き来する人。

自分ならどうするかな〜と
考えながら見ていると とても勉強になります。

どれが正解ということはないと思うのですが
大切なのは自分のスタイルを信じること。

それが一番大切で
長く続く秘訣なのだと思います。

三浦

2014-11-27 | Posted in 彫金教室 十音ジュエリースクールComments Closed 

 

教室の壁にあるもの 2

教室の壁には他にもお花の織物が飾ってあります。

これはノルウェー伝統の織物で
以前に私の母がつくったものです。

たくさんの色のノルウェーの毛糸を
絵の具がわりにして織っていく絵画のような織物。

作業の合間にちょっと眺めると
ホッとできて温かい気持ちになります。

三浦

 

2014-10-30 | Posted in 彫金教室 十音ジュエリースクールComments Closed 

 

教室の壁にあるもの 1

kegaki

教室の壁には
古い様々なサイズと種類のコンパスが掛けてあります。

大きい物で80cm!
実際このサイズのものはジュエリー作りで使用しませんが
この道具は地金に下書きの線を描く、ケガキ作業の時に使います。

ジュエリーを完成させるまでには、とても多くの工程があるのですが
最初に行うケガキ作業は、とってもとっても大事な作業です。

これがくるうと最後まで手こずります^^
美しいファオルムですよね〜
見ているだけでほれぼれします^^

すぐれた機能のあるものは姿カタチも美しいものですね。

三浦

 

2014-10-23 | Posted in 彫金教室 十音ジュエリースクールComments Closed 

 

はじめまして

 

 

はじめまして。
十音ジュエリースクール、スタッフの三浦です。

ジュエリーをつくりはじめて私も気がつけば十数年 ・・
まだまだ日々新しい発見の連続で
つくることの奥深さ、おもしろさを模索中ですが
そんな私の方からも、ジュエリーのこと
教室のこと、日々思うことなどを
これからちょっとずつ書いていきたいなと思います。

まずは、教室のある浜田山。
井の頭線らしいちょっとローカルでホッとする街です。

教室から2分も歩けば柏の宮公園。
ぱーっと視界が開けて、緑いっぱいで
休日にぼーっとするには最高の場所ですよ。
いろんなことがひらめいてきます。

もっともっと浜田山のお気に入りの場所を
見つけていきたいなと思います。

2014-10-16 | Posted in 彫金教室 十音ジュエリースクールComments Closed 

 

はじめてのペンダント作り

 

 

銀の固まりを叩いて延ばし
自分のイメージからデザインした文様を
糸ノコを使って切り透かし、磨きあげたペンダント

十音ジュエリースクールでつくる
はじめてのオリジナルジュエリーです

自ら生みだしたデザインが
想像以上に素敵なジュエリーになって
感動する方も多いです^^

デザインしたものをジュエリーとして完成させるには
いくつかのジュエリーメイキングの工程が必要になります

まったくはじめての経験ですから
上手くできなくてあたりまえなのですが

各工程をわからないながらも
丁寧に1つ1つ積み進め、磨きあげた先に
自身のオリジナルジュエリーが完成です

このペンダントのデザイン、素敵ですよね〜
このジュエリーを作った学生さんは陶芸作家さんです

イメージが明確で、迷うこと無く
細部までこだわった仕事ができました^^
彼女の世界観がよくでていて素敵なジュエリーだとおもいます

次の作品が楽しみですね
Student Gallery   →http://towoto.jp/gallery_student.html

 

織田

2014-10-08 | Posted in 彫金教室 十音ジュエリースクールComments Closed 

 

ジュエリーの命

ジュエリーの命ってどれくらい?

数日、1年、10年、100年 ・・・
数千年というモンスター級のジュエリーもいますね 〜

ジュエリーは金属・宝石など、自然から生まれた素材を使って
身につけられるように人が作りあげたものをいいますが

短く終えるもの、長く存在し続けるもの
どうも生命力に違いがあるようです

長ければいいというものではないけれど
存在する内容のあるものは
今もなお、時を超えて存在しているのですね

太古から現代まで、時代が移りゆくなかで
人の価値観は多様化していきましたが

身体を飾る、ジュエリーをつけるという人の行為は
形をかえながら今もまだ続いています

私は新たに生み、作る立場なのですが
ジュエリーは形が完成して終わりではありません

ジュエリーは身につける人と出会った時に
ゼロとなりスタートします

付ける人と共に生きて
人間模様といいますか
人生でおこる様々なドラマを刻んで
変化しながら生きていくものなんですね

どれだけ愛されたか・・

くさいですけど、これにつきるのかもしれません

長く生きたジュエリーは間違いなく波瀾万丈!! ^^

人から人へ、人となりを刻み続けながら
時代をくぐりぬけてきたものたち
存在することがまさに奇跡ですよね

命という視点からながめることで
彩りにあふれ、よりあざやかにみえてくるものがあります

人をジュエリーを美しくするんですね

みなさんも感じてみてくださいね

2014-09-09 | Posted in 彫金教室 十音ジュエリースクールComments Closed