裏にあるもの

うら・・
言葉の音自体、美しい響きなんですけど
なんだかこの言葉にであうと
入ってはならない世界をのぞいてしまうかもと
身がまえる自分と、魅惑の元にふれてみたい
衝動にかられるのは私だけでしょうか(笑)
裏を読む、裏街道、裏の顔・・
とってもおどろおどろしく気がめいる世界 ・・
でもなんだかものすごく気になる
裏の世界の入り口には門がそびえたち
どうするんだよ〜一体!!
ってせかされ、ものすごい拒絶、抵抗を煽らされるいやな感じ・・
だからやっぱり帰るかなみたいな(笑)
ちょっと脱線しました。。
これから、ジュエリーメイキングで知っておいたほうがいい
見た目ではわからない裏側、構造とか機能についての
お話をしようかと思ったんですけど ・・
知り合いの物書きの方から
仮面をかぶって書いたら書き易いよと教えてもらったので
夏も終わりで涼しいかんじと思ったら、こうなりました ^^
私にとってのみえない裏ごとは知ることで
自身の世界を大きく拡げてゆく促進力となることが多いです
恐ろしげで不安になる世界から1つ解放されたら
より広くて深い、新しい世界で生きることになる
私は物作りは必ず裏から入って
具現化させるので、裏取りはとても大切
表裏一体を目指してお仕事をしているんですね^^
では今日はこのへんで。
織田

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

学生募集のご案内
春の想い
2019 New Year
roll
言葉の鮮度
New Year 2016
巻く
untitled
熱帯
rhythm
untitled
とまる
ものの記憶
新春 2014
秋の想い
霧の八ヶ岳
More