はじめてのペンダント作り

 

 

銀の固まりを叩いて延ばし
自分のイメージからデザインした文様を
糸ノコを使って切り透かし、磨きあげたペンダント

十音ジュエリースクールでつくる
はじめてのオリジナルジュエリーです

自ら生みだしたデザインが
想像以上に素敵なジュエリーになって
感動する方も多いです^^

デザインしたものをジュエリーとして完成させるには
いくつかのジュエリーメイキングの工程が必要になります

まったくはじめての経験ですから
上手くできなくてあたりまえなのですが

各工程をわからないながらも
丁寧に1つ1つ積み進め、磨きあげた先に
自身のオリジナルジュエリーが完成です

このペンダントのデザイン、素敵ですよね〜
このジュエリーを作った学生さんは陶芸作家さんです

イメージが明確で、迷うこと無く
細部までこだわった仕事ができました^^
彼女の世界観がよくでていて素敵なジュエリーだとおもいます

次の作品が楽しみですね
Student Gallery →https://towoto.jp/gallery_student.html

 

織田

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

学生募集のご案内
春の想い
2019 New Year
roll
言葉の鮮度
New Year 2016
巻く
untitled
熱帯
rhythm
untitled
とまる
ものの記憶
新春 2014
秋の想い
霧の八ヶ岳
More