孤独の向こう側

孤独の向こう側

なかなかすごいタイトルですよね(笑)

読むのを躊躇される方もいるかもしれませんが
みなさん孤独を楽しんでいらっしゃいますか?^^

今日は、常に私自身の根底に切り込んでくる
孤独という深い感覚についてのお話を
少ししてみたいと思います^^

私が生まれ落ちて、自覚というものが芽生え始めた頃
記憶に初めて刻まれたもの ・・・ それは
孤独という、どうしようもない逃げ場のない感覚でした

底なし沼のように広がり続ける無限の中に
私という自我がポツリとあるだけ..

そんな悲しみにも少し近い感覚が
自分自身の中に芽生えてからというもの
私はこの孤独という感覚と長く長く向き合ってきました

今でこそ、この孤独感とうまく付き合って
愛でる方向で生活を送ることができていますが

過去には、その感覚から逃げ切るために
他者や社会に求めたりしたこともありましたが

結局、孤独から解放されることなどはなくて
ことごとく頓挫したのでした^^

で、どうして今は苦しみから
愛でる方へとシフトできたのかということなのですが

それは上の文章にすでにありますが
孤独の対象を目の前に映る外界、物質界に向けていた
自分自身に気づき、向けるべきベクトルを変えたからなんですね^^

私はありがたいことに、幼少から音楽や絵画など
芸事に触れながら生活をしてきたのですが

この創作行為をしている時にのみ、この孤独から解放されるということを
なんとなくですが感じてはいたのですね^^

集中し何かを作ること、無心になってクリエーションしていく行為には
自分自身の内面との対話が不可欠になりますが

この創造していく行為と孤独というものは
切り離せない通路のような関係なのかもしれません

孤独を通って、本来の自分に会いにいく・・
そして新しく見つけた自らの世界を
表現していくこと・・

この創造という行為が、なんともいいがたい
楽しさと喜びを生み出すのかもしれませんね

孤独とは本来の自分に気づき、愛でるために必要な感覚で
自らの人生を喜び楽しみ続けるための希求を
強く刺激するものなのかもしれません

そう気づいてからの私は、つきものが落ちたかのように
気楽になり、楽しく人生を創造をするようになったのでした^^

日常生活の中に、孤独をほんの少し取り入れて創造するだけで
目の前に広がる世界は変わっていきます

皆様も是非、自分流に孤独を活用して楽しんでくださいね
ではまた

94 views